ランブレッタの整備を始める前に。

まず、始めに、このページをご覧いただいているということは
あなたは既にランブレッタオーナーか、もしくはランブレッタに興味があるという方ですね。

ランブレッタやベスパなど、いわゆる「旧車」というカテゴリーに属するスクーターは
新しいものでも、生産から既に数十年経っていると思いマス。

なので、現行車のように、メンテナンスフリーでいつでも快調☆というわけにはいかないのが現実です。

愛車に不具合が起こる度に、近くのショップに持ち込み、プロに修理してもらうのも
長く乗る上で一番確実な方法だと、ボクも思います。

しかし、旧車を専門に扱うショップが近所にない、もしくは旧車の修理は値段が高いので維持が大変…などなど
様々な理由で、不具合になった車両を放置、泣く泣く手放すというケースも多いと思います。

簡単な日常のメンテナンスや、ワイヤーやバルブの交換など、
自分で簡単にできることから少しずつ覚えていけば、愛車を不動のまま放置することも少なくなります。

ボクも実際、ランブレッタやベスパを購入後、工具を一から揃えた、超ど素人でした。
なので、できることから始めれば、ある程度の整備できるように「誰でも」なります。

「ランブレッタを少しでも自分で整備できるようになりたい。」
「遠出した時に、ワイヤーや灯火系のトラブルは自分で直せるようになりたい。」
「不動車を買って、のんびりレストアしてみたい。」


などなど、どのレベルまで整備をしたいかは、人それぞれだと思います。

整備には「工具」が必須です。
いきなり高価な工具セットを買い揃えるのも、もちろんいいですが、
必要なものだけ一つずつ買っていけば、大丈夫。安い工具で最初は十分です。

ボクの少ない経験ですが、工具選びについても書いていきたいと思います。


のんびり、スローペースですが、ランブレッタのメンテナンスについて
地道に更新していきたいと思います。

このメンテナンスページが、少しでもランブレッタオーナーの方のお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>