lambretta tv175 series 3 オーバーホール1

ども。カトウです。
このブログもアメブロ時代を含めると5〜6年になりました。
続けていると、知らない所で知らない人が見てくれているもんで、たまにそういった人からコンタクトがある事もあります。

「ランブレッタを手に入れたので診てほしい」と。

一応、僕たちは趣味人の集まりであってショップでは無いので、そういった依頼は断ってます。メールでの無責任なアドバイス程度はしますがw
それぞれ家族や生活があり、限られた時間の中で面倒なトラブルを私生活に持ち込むと本末顛倒だという想いからです。それになにより責任持てませんしね。。

しかし、広島市内にはベスパやランブレッタをまともに診てくれるショップは無く「なんとかしてあげたいなぁ。」なんて場合もあるっちゃあります。
この土曜日、僕/スミイ氏/KEN-CHANさんの3人で、そういった方の所におじゃまして来ました。
自分で、Sticky’s Spanner’s Manualや特殊工具を購入し、自分でキャブを購入し自分で交換。エンジンも自分で下ろし、自分で出来る事は自分でやるという意志を感じました。こういう方であれば「自己責任」の意味もわかってくれるだろう。と思ったからです。

re_IMG_2373

re_IMG_2377

re_IMG_2374

広島市の少し外れた所にある、美容室を営むラッキーボーイ。
re_IMG_2379
なぜラッキーボーイかって?
なんとこの方、希少なLambretta tv175 series3をタダで手に入れたというラッキーボーイなんですw

re_IMG_2375

しかし、タダほど高いものは無いという格言が当てはまる程、エンジン内部はメタクソ状態でした。(笑)
エンジンの各所に、他車種部品の流用(見たこと無いシム)や、急場しのぎの補修(クランク室のパーツに汎用のオイルシールを入れるためにボーリング加工?と思われる痕跡)、や溶接(ケースが割れたのかアルゴン溶接でスタッドボルト打ち替え)等など施されており、今回は全バラし、NEWベアリングを挿入した所で終了。
後日、取り寄せたパーツを組み上げるということで当日は解散。


re_IMG_2382
この方、僕らのブログを隅々まで見ていてくれたようで、ブログ内に何度か出てくるスミイ氏の大好きなハッピーターンや、ビール等を用意してくれていました(笑)
「多分、嫁より俺らのこと詳しいよw」(スミイ氏談)
re_IMG_2376

かつて広島市内には西◯ホン◯モータースというピアジオ正規代理店がありました。この車両の出処はそこのようです。
10年程前、僕が昔所有していたランブレッタを持ち込もうとして断られた記憶があります。その理由が「部品が手に入らない」とか「昔はやってたがもうやってない」とかいう理由でした。1990年代当時、インターネットはそこまで普及しておらず、今のように気軽にインターネットで海外からパーツを取り寄せる事もできなかったのでしょう。ランブレッタを扱うショップの人たちからしたら「あるあるネタ」なのかもしれませんが、素人の僕たちにはとてもキツイ状態。まぁ〜いい経験になりました。(笑)

re_IMG_2380
re_IMG_2385

とりあえず部品待ちなので、また後日報告しますね。

 






3 Responses to “lambretta tv175 series 3 オーバーホール1

  • アフィリエイト乙です。あ、ちがうちがうw
    更新乙です!
    いやぁ〜 久々にやってて楽しい整備でした〜★
    直ろうが直るまいが、楽しければそれでよし!(ではない)
    ほんと走り出す日が楽しみですな〜

    いやぁ〜 生きててよかった。

  • ちょwwサーバー代と思ってください(笑)
    いや、マジであんな酷いエンジン(失礼)は初めて見ますもんね〜。←けどイチイチ驚かされて楽しかったですね。ショップの方の苦労がちょっと垣間見える件でした。

Trackbacks & Pings

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>