VPI-No.002 carburetor「MIKUNI VM22」

ども、カトウです。

VPI第2回は、国産キャブ(笑)MIKUNI VM22です。

「ケッ!国産かよ。。」そんなこと言わないでつかーさい。世の中には無駄にモデファイしたい人がいっぱい居るみたいなので。。

先に行っときますよ。

純正が一番です!キリッ! 自己責任でヨロ。

 

re_IMG_2673

このVM22中国でしか生産されていないというのを何かの記事で観たことがありますので、国産じゃなくて、国内メーカー品って事じゃないでしょうかw

ベスパをボアアップする際、どうしてもやっておきたいキャブの大口径化。知ってる人は知っていると思いますが、排気量に対して丁度いいキャブ口径というのがあって計算式もあります。

キャブ口径 mm=0.82√(C×N×0.001) C=1気筒あたりの容積 cc N=最高出力回転数 r.p.m

これで計算すると最高出力回転数が高いレースシリンダーだと、V100やET3の19mmキャブじゃ足りたいんですよね。絶対国産は嫌だ!デロルトしか許さん!という人は迷わずデロルトPHBL24とかを買えばいいと思います。しかし、PHBL24となるとまたかなり大口径だなぁと思ってケイヒンPC20。けど20じゃ19mmと変わんないし足りないんだよなぁ。。

あるじゃない!MIKUNI VM22が!って感じです。

KEIHINPC22もありました。。

ヤフオク等で即決価格5,000円程度で売られていますが、中国から直で買うと送料入れても4,000円以内だったりします。

IMG_3694_re

 

ピナスコ100ccのシリンダーに使用して、とてもいい結果が出てます。フィーリングも良く、アイドリングも超安定しました。ジェット類もセットで購入できたり、汎用パーツ店で購入できるのもGOOD! これならショートストローク最大排気量110ccをギリ圏内に納めるGood Carburetorです(キャブってデカけりゃいいってもんじゃ無いし丁度いいんじゃね?って感じ)。インシュレーターが特殊なので専用品じゃないと取り付けれないのが難点。。

125cc以上はMIKUNI TM24やKEIHIN PE24やKEIHIN PWK24とかDellorto PHBL24とかですね。

【必要なパーツ】
  • MIKUNI VM22(安いので中国から直輸入しました)
  • インシュレーター(日本でなかなか売ってないので中国から直輸入しました)
  • 19mmキャブ用インテークマニホールド
  • ホムセンで買ったホース内径18mm外径22mm程度(19mmインマニに合わせて適当なヤツ)
  • ジェット類(ピナスコ100cc直キャブでMJ115〜125PJ25〜30程度、前後数種類)←自分の車両ではいい感じですけどあくまでもおおよそ
  • エアクリーナー(僕はホムセンで買った細かい目の網をアルミバンドで使用)
  • チョークやアウターガイド部要加工
 

【ジェット類についての注意】

メインジェットはMIKUNI丸大、パイロットジェットはTMR/TDMR用ではなくTM/HSR用です。(中華だからなのか、元々そうなのか不明です)TMR/TDMR用はベンチュリー側の部分がTM/HSR用より0.5mm太い。

TMR/TDMR用でねじ込むと折れます。折りました。2個もorz。

しかも、ねじ込んでセッティングした気になってるもんだから超混乱させられて苦労しました。TM/HSR用は細くなっていて普通に使えます。TMR/TDMR用の番手が書いてある部分に溝のラインが入っていて、TM/HSR用にはラインが入ってませんでした。

けど、、大体番手が決まってたので、TMR/TDMR用を加工して使ったのは秘密でww

TMR_TDMR_PJTM_HSR_PJ
 

 

ではまたの機会に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>